FC2ブログ

QNAP TS-419PにRedmineをインストールしてみた (1) ~Ruby編~

qnap_ts-419p.jpg

Subversionに引き続き、
プロジェクト管理システムRedmineの
インストールにチャレンジしてみた。
今回は現在の安定版であるRedmine 1.1.3を
インストールすることにした。

前提条件:
 ・ファームウェアバージョン: 3.5.0 Build 0816T
 ・QPKGのOptware(IPKG)がインストール済み

Redmineを動作させるためには、
RubyとRuby on Railsのインストールが必要なので、
先にインストールする。
Redmine公式サイトを確認すると、
Rubyは最新版 1.9には対応しておらず、
1.8.6、1.8.7のインストールが必要とあるので、
バージョンを指定してインストールする。

Ruby 1.8.7のインストール

Ruby 1.8.7をインストールする。


# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p352.tar.gz
# tar zxvf ruby-1.8.7-p352.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p352
# ipkg install gcc
# ipkg install grep
# ipkg install gawk
# ipkg install sed
# ipkg install make
# rm /bin/grep
# rm /bin/awk
# rm /bin/sed
# ln -s /opt/bin/grep /bin/grep
# ln -s /opt/bin/awk /bin/awk
# ln -s /opt/bin/sed /bin/sed
# ./configure --prefix=/opt
# make
# make install



whichコマンドで、rubyコマンドのパスが通っていることと、
Rubyのバージョンを確認する。


# which ruby
/opt/bin/ruby
# ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [armv5tel-linux]



これで、Rubyのインストールは完了。

Rubygems 1.3.7

続いて、Rubygemsをインストールする。


# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/70696/rubygems-1.3.7.tgz
# tar zxvf rubygems-1.3.7.tgz
# cd rubygems-1.3.7
# ruby setup.rb



この状態でgemsを使用するとエラーになってしまうので、
以下のようにzlibをインストールすることで対応する。


# ipkg install zlib
# cd ext/zlib/
# ruby extconf.rb
# make
# make install



これで、Rubygemsのインストールは完了。

Ruby on Rails 2.3.5

最後にRuby on Railsをインストールする。


# gem install rails --version "2.3.5"



インストールが完了したら、
バージョンが2.3.5になっているか確認する。


# rails --version
Rails 2.3.5



これで、Ruby関連のインストールは完了である。
Rubyのインストールでは下記のサイトが大変参考になった。

Redmine.JP - Redmineのインストール
総天然色頁 - QNAP TS-239にRailsをインストールしてみる(1)
minor tranquilizer - WebARENA SuitePRO v2にRedmine(Ruby on Rails)を入れる
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリ
HSK (0)
ブクログ