スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QNAP TS-419PにSubversionをインストールしてみた

qnap_ts-419p.jpg

QNAP TS-419Pを購入後、
ずっとファイルサーバーとしてのみ使用していて、
宝の持ち腐れ状態になっていたので、
この高価な箱を有効活用するためにも、
バージョン管理システムのSubversionをインストールしてみました。

前提条件:
 ・ファームウェアバージョン: 3.5.0 Build 0816T
 ・QPKGのOptware(IPKG)がインストール済み

まずは、こちらのサイトを参考に以下のようにSubversionをインストールする。

ipkgでSubversionをインストールする。


# ipkg update
# ipkg install svn



環境変数PATHに'/opt/bin'と'/opt/sbin'を追加する。


# export PATH=$PATH:/opt/bin:/opt/sbin



これでsubversionのインストール完了。

次はリポジトリを作成する。
リポジトリを作成するパスは任意であるが、
今回は、共有フォルダQsubversionを作成して、
その配下にrepos_testというリポジトリを作成する。


# mkdir /share/Qsubversion/svn
# mkdir /share/Qsubversion/svn/repos_test
# svnadmin create /share/*/svn/repos_test



リポジトリの作成が完了すると、
repos_testディレクトリ配下に、
Subversion関連のファイルが作成されているので、
conf/passwdファイルを編集して、
Subversionにログインするための、
任意のユーザとパスワードを登録する。


# cd /share/Qsubversion/svn/repos_test/conf
# vi passwd



ユーザ'test'、パスワード'test'で登録する。


[users]
test = test



また、svnserve.confファイルを編集し、
passwdファイルを有効にする。


# vi svnserve.conf



コメントアウトされている以下の行を有効にする。


[general]
anon-access = read
auth-access = write
password-db = passwd



ひとまず、基本的な設定はこれで完了である。
テストで3690ポートでSubversionを立ち上げてみる。


# svnserve -d --listen-port=3690



netstatで3690ポートが開放されている確認する。


# netstat -a | grep 3690
tcp 0 0 *:3690 *:* LISTEN



TortoiseSVNでもリポジトリにアクセスしてみたが、
問題なく接続することができた。
これで、Subversionを使用できるようになったが、
さすがに毎回リモート接続で、Subversionを立ち上げるのは面倒なので、
こちらのサイトを参考に、システム起動時に自動的に起動するように設定する。
QNAP TS-419Pでシステム起動時に何かを起動させたい場合は、
autorun.shを編集する必要がある。
autorun.shは普段マウントされていない領域に存在するので、
まず、その領域を任意のディレクトリにマウントする。
今回は、/tmp/configにマウントする。


# mount -t ext2 /dev/mtdblock5 /tmp/config



autorun.shを編集する。
(存在しなければ、新規作成する。)


# vi /tmp/config/autorun.sh




(sleep 60; /opt/bin/svnserve -d --listen-port=3690 ) &


参考にしたサイトではsleep 10;となっていたが、
TS-419Pでは起動に時間がかかるようだったので、
sleep 60;とした。
(sleep 30;でも試してみたがダメだった。)

また、新規作成の場合は、
autorun.shに実行権限を付加する。


# chmod +x /tmp/config/autorun.sh



マウントした領域を開放する。


# umount /tmp/config



これで、自動起動の設定は完了である。
QNAP TS-419Pを再起動させて、Subversionが起動することを確認し、
すべての作業が完了である。
TS-419PでのSubversionのインストールは
特にひっかかることなく、スムーズにすることができた。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[NAS]QNAP TS-439 Pro II+ Turbo NASにSubversionを構築

先日、TS-439ProII+を購入したのだけど、今も割といい感じでNASとしての活躍してくれている。 で、最近Webサイトの開発?やらでローカルにファイルをためるのも微妙になってきたので、こ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
HSK (0)
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。